新築購入にかかる費用と費用削減方法

夢のマイホーム!新築戸建はいくらで建てられる?

住宅の平均相場

新築戸建を建てる際に発生するのは、建物や土地代だけではありません。建物に発生する費用は問題が無かったのに、諸費用の部分で大きく損をしているケースもあります。 ここでは新築戸建の建物購入費用、そして諸費用について詳しく説明していますので参考にしてみて下さい。

建物の費用だけではない?

住まいの形式は様々で新築戸建はもちろんの事、中古住宅やマンション、リフォーム済住宅などがあります。近年では大規模な改築工事を済ませたリノベーション住宅もあり、ライフスタイルによって住宅を選べる様になっています。
とはいっても実際に決め手の大部分となるのが費用です。今回は新築戸建にスポットを当てて紹介していますが、その他の住宅の平均相場も公開していきたいと思います。
まず中古物件の場合、戸建てとマンションが一般的です。住宅はエリアや間取りによっても大きく価格が異なりますが中古物件の場合は2~3000万円程度、マンションの場合は1500~2000万円程度が一般的です。但し都心に近付くと相場以上の物件が多くなりますし、設備やグレードによっても大きく変わります。
続いてはリノベーション、リフォーム済住宅の相場です。厳密に言えば中古住宅に該当しますが大規模な改築をしたり、経年劣化した部分を補修したりしているのが特徴です。これらの住宅は1000~2000万円が相場です。これらの形式の住宅は数ある資源を上手に使っているので、地球環境にも優しくストック型社会にも貢献しているメリットがあります。
他にもデザイン住宅がありますが、こだわりによって費用は青天井になるので、算出が難しいです。
今回は新築戸建にスポットを当てて、発生する費用だけではなく削減すべきポイントや注意点、予算の組み方を紹介しています。住宅購入を考えている方は必見の情報です。

予算はどう考えて組めばいい?

建物の購入費用、諸費用が分かったら予算を組んでいくのが一般的です。マイホームを建てる為の予算の組み方や、資金調達の方法を公開しています。 住んでいるエリアによっては、助成金や負担が軽減する制度を利用出来る可能性もありますので、合わせて紹介しています。

予算オーバーになってしまったら?

自分のこだわりを反映させるのは良い事ですが、あまりにも反映させすぎて予算オーバーになってしまった場合、何を削減していけば良いのでしょうか? 削減してOKな部分、やってはいけない部分を紹介しています。どうしても迷った場合は担当者へ相談するのも良いでしょう。

TOPへ戻る