夢のマイホーム!新築戸建はいくらで建てられる?

住宅の平均相場

購入費用を知る

新築で家を購入する場合、建物に発生する費用にプラスして土地を用意しなければなりません。都市部になると土地代も高くなりますので、まず自分が住宅を建てたいと思うエリアの相場を確認してみましょう。
土地代込みで住宅を購入出来る不動産もありますが、詳細な内訳が無い限りは高額になっている可能性もあります。
都心、または23あたりだと建物と土地を合わせて3000~5000万円程度です。関東の地方、ベッドタウンになると1500~2000万円とかなりの差があります。
都心に住宅を構えるのが夢だという方は多いですが実際の費用、ローンを組むなら返済プランまで明確にした上でステップを踏むのがベストです。ネットで見積もりをとってくれる業者もいるのでは活用するのも賢い手段です。

諸費用ってどんなものが含まれる?

新築戸建を立てる場合、建物や土地代にプラスして諸費用が発生します。意外にもこの諸費用を算出しておらず、当初の予算をオーバーしてしまうケースもあります。
ちなみに諸費用と言うのは仲介手数料、登記費用がメインになりますが、各手続きの際に発生する印紙代金も忘れてはいけません。
仲介手数料は不動産業者へ支払う報酬の事で、不動産によっては交渉次第で減額出来る費用です。しかし無理に減額すると心情が悪くなり、不動産業者のモチベーションが低下します。簡単な算出方法としては物件価格に0.003を掛け、プラス6万円と消費税になります。
続いて登記費用はローンを組んだ時に発生する権利を登記と呼び、それに発生する費用です。他にも様々な諸費用があるので、新築購入の際は事前確認を行いましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る